kmuto’s blog

料理と旅行といろんなIT技術

技術書典13 読書感想文その3

技術書典13の本、今日は無料系の3冊と、購入の1冊。

 

techbookfest.org

『キーボード/マウス エミュレータ解説書』

キーボード/マウスのHIDエミュレートUSBとして振る舞い、シリアル回線からコントロールできるというIC、CH9329。ベンダーID/プロダクトIDも正規のが付いていて、適当なものを使う必要もなくちゃんと認識されるとのこと。
こういうのはハッキング用の怪しい用途だろうか…と思ったけど、いろいろなコンビネーションもプログラムで指示できるから、テストやマクロ入力に便利らしい(本書ではPythonとCの例あり)。ネット上の記事で見ると自作キーボードを作るのにも使えるというのがあって、なるほど。

 

techbookfest.org

ニフティスクラム

ニフティ社のスクラムマスターたちのスクラム経験談集。

スクラムの本は業務で何冊か作ってはいるのだけど、なかなか自身の業務に適用するというところまでは到達できていない。本書の制作自体ではカンバンを進捗管理に使われたそうだけど、ほかにもスクラムのやり方をこういう風に導入していた、という話があったらぜひお伺いしたいところ。

 

techbookfest.org

プログラマーのための技術者列伝3』

「プログラミングやコンピュータに関連する人物はほとんど登場しない」の名のとおり、遊戯・楽器・兵器・印刷・宇宙開発といった分野でのエンジニアの伝記。よく知られている人物から「ほう、このような方が」までさまざまな人が登場する。昔こういう伝記集読んでいたなぁとなんとなく懐しい気持ちになった。

 

techbookfest.org

『正社員・フリーランス エンジニア徹底比較』

正社員エンジニアとフリーランスエンジニアの比較論。少々ポジショニングトークフリーランスに寄りすぎていないかなと感じたけど、あくまで筆者の業務経歴・経験からきていてフィルターはあるというただし書きは冒頭で述べられている。とはいえ、企業でのバックエンド開発2年からフリーになって未経験のAndroid開発・iPhone開発で成果を出して急成長できるというのは、元々理解力と推進力のあるつよつよエンジニアだからこそという気もしたり。

 

さて残りはあと2冊、と。